アポイアズマギク キク科
分布:北海道アポイ岳、胆振地方
場所:岩礫地,草地
花の時期:5月−7月
花の色:白色−(時に薄紫紅色)
草丈:10−20cm
茎:密毛がある。
葉:根葉はまばらに浅い鋸歯がある。茎葉は少数。
花:頭花は単一。冠毛は汚れた白色。
果実:
特徴等:
撮影地:北海道アポイ岳(2006.5.21))
Pentax *istDS

アポイ岳の準固有変種。(占冠村にも生育するというがまだ見ていない)。基準種はミヤマアズマギクである。白色とやや紫紅色の株がある。アポイには5月と6月2回訪れているがいずれにも咲いていた。結構花期が長い花のようだ。数株が一緒に岩の上に咲く花は結構絵になる。
アポイ岳(2005.5.21) Pentax *istDS