ムシトリスミレ(虫取菫) タヌキモ科
分布:北海道、本州(中部以北)、四国
場所:高山の湿った岩の上
花の時期:7−8月
花の色:紫色
草丈:5−15cm
茎:上方に短腺毛がある
葉:根生ロゼッタ状。やや軟弱・多肉で縁が内曲し、表に無数の小腺毛があり粘液を出して虫を捕らえる。
花:花茎に1花を付ける。花冠には距がありスミレに似る。
果実:
特徴等:
撮影地:北海道夕張岳(2006.7.2)
Pentax *istDS

ムシトリスミレは夕張岳で初めてみた。最初の崩壊地の先の湿原に多数生育していた。時期的にもちょうど良かったようでフレッシュな写真が撮れた。よく知られたことだが、「スミレ」の名前を持つが「スミレ科」ではなく「タヌキモ科」の仲間である。
栃木県の山中には「コウシンソウ」という仲間があるがまだ見ていない。