ツバメオモト(燕万年青) ユリ科
分布:北海道、本州(奈良以北)
場所:山地の針葉樹林内
花の時期:5−7月
花の色:白
草丈:20−30cm、果時には40−70cm
茎:始め軟毛が密生する。
葉:茎の下部に集まる。始めは縁に軟毛がある。
花:花は散状または総状花序に付く。
果実:最初は藍色、次第に黒くなる
特徴等:
撮影地:北海道暑寒別岳(2005.7.10)
Pentax *istDS

オモトのような葉が重なりあって付く。オモトと言っても枯れてしまう多年草。丸い果実は最初は藍色、次第に黒くなる。燕の由来はこの種子の色によるのか?
恵庭岳の登山口付近、暑寒別岳の登山コースには大きな群落があった。ふもとでは実が付き始め上に登るにつれ花・蕾へと変化して行くのを見るのも楽しみである。
暑寒別岳(2005.6.19) Pentax *istDS